Skip to main content Skip to docs navigation

Parcel

Parcelを使って、Bootstrapをプロジェクトに組み込む方法をご紹介します。

インストールパーセル

インストール Parcel Bundler.

Install Bootstrap

Install bootstrap を npm を使って Node.js モジュールとしてインストールします。

Bootstrap は、peerDependenciesプロパティで指定されているPopperに依存しています。つまり、npm install @popperjs/core を使って、両方を package.json に追加することを確認しなければなりません。

すべてが完了すると、あなたのプロジェクトは次のような構造になります:

project-name/
├── build/
├── node_modules/
│   └── bootstrap/
│   └── popper.js/
├── scss/
│   └── custom.scss
├── src/
│   └── index.html
│   └── index.js
└── package.json

JavaScript の取り込み

Bootstrap の JavaScriptをアプリのエントリーポイント(通常は src/index.js)でインポートします。すべてのプラグインを 1 つのファイルにインポートすることもできますし、サブセットのみを必要とする場合は別々にインポートすることもできます。

// Import all plugins
import * as bootstrap from 'bootstrap';

// Or import only needed plugins
import { Tooltip as Tooltip, Toast as Toast, Popover as Popover } from 'bootstrap';

// Or import just one
import Alert as Alert from '../node_modules/bootstrap/js/dist/alert';

CSS の取り込み

Bootstrap の可能性を最大限に活用し、ニーズに合わせてカスタマイズするには、プロジェクトのバンドルプロセスの一部としてソースファイルを使用します。

独自のscss/custom.scssを作成して、Bootstrap の Sass ファイルをインポートし、組み込みのカスタム変数をオーバーライドします。

Build app

src/index.js</body>タグで閉じる前にインクルードします。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1" />
  </head>
  <body>
    <script src="./index.js"></script>
  </body>
</html>

package.jsonの編集

devbuildのスクリプトをpackage.jsonファイルに追加します。

"scripts": {
  "dev": "parcel ./src/index.html",
  "prebuild": "npx rimraf build",
  "build": "parcel build --public-url ./ ./src/index.html --experimental-scope-hoisting --out-dir build"
}

Run dev script

あなたのアプリは http://127.0.0.1:1234 でアクセスできます。

npm run dev

Build app files

ビルドされたファイルは build/ フォルダにあります。

npm run build